NPO法人スマート観光推進機構のホームページをご覧くださいまして、ありがとうございます。理事の中西弘之と申します。日本中が、世界中がコロナ禍の影響で大変な事になっていますが、そんな中でも、少しでも明るい兆しが見える話題をと思い、私が最近始めた『airbnb(エア・ビーアンドビー)』のオンラインについての簡単な報告と実感、気付いた事などをご報告させて頂きます。

元々は対面でのインバウンド体験を提供していた

本業は脱サラ後、2008年から奈良市内で始めたカフェを経営していますが、その延長線上で2018年の3月より民泊の世界最大手『airbnb(エアー・ビーアンドビー)』が提供しているインバウンド観光客向けの『体験プログラム』の提供を始めました。

メインで一番多く提供して体験プログラムは奈良市内を自転車で駆け回る『サイクリング』体験でした。2018年、2019年の2年間で約1500人の外国人観光客を案内しました。

このサイクリング体験から得たものは、たくさんありました。人生や価値観が変ってしまうほどの体験をしたと言っても過言ではないでしょう。その事については、また詳しくどこかで書きたいと思います。

多い日には朝の9時、お昼の12時、3時と、1日に3回もツアーを開催する日もありました。

しかし、新型コロナウィルスの影響で、まず2020年1月に中国からの団体客が一斉に消えました。それは、もう、物の見事に。いつも大勢の団体客で賑わう東大寺の周りや春日大社の参道が、一気に信じられないくらい静かになりました。

まだ、その時には『新型コロナで中国は大変やな』ぐらいの気持ちで世界中にこれが広まるなんて、誰も想像していなかったと思います。

それが2月に入り、3月になると、中国以外からのインバウンド観光客もじわりじわりと減り始めます。

airbnbのサイクリング体験も予約のキャンセルが始まり、とうとう4月にはアメリカ🇺🇸のairbnb本社からロックダウン🚫、世界中の一切の体験プログラムの予約受付が停止となります。

その後、airbnb社も世界中の旅行がストップした為、本業の民泊部門の売上もゼロ、体験プログラムの販売もゼロとなった為、4月の中旬に新たな収益源として急ぎで『オンライン体験』を立ち上げました。

早速、airbnbのウェブサイトの『オンライン体験』をチェックしてみると、世界各国から選りすぐりのホストが新たな価値、オンライン上で世界中の人に『体験』を販売するという試みをチャレンジしています。

私の知り合いの大阪の『お坊さん』も日本では一番乗りで瞑想体験を既に登録し、販売開始直後から、かなりの予約が入っていてレビュー数もウナギ登りに増えていました。

もうそろそろレビュー数が1000件に到達する勢いです。

紛れもなく日本人が提供するairbnbオンライン体験の中では、ぶっち切りのTOPです。

私を含めたairbnb体験ホストの多くの方が、4月に始まったオンライン体験のホストとしても登録したくて、実際に多くの仲間が申請しました。しかし、airbnbという会社としても、始まったばかりの『オンライン体験』という新しい価値をクオリティ高く維持するために、審査にはかなり慎重になっているようでした。

私も実際に2つの体験を申請しましたが、両方とも書類審査が通って、オンライン上でのリハーサル審査(実施にairbnb社員に対してオンライン体験を実施)をしたのは、申請後、約2週間が経った頃、4月の末でした。ちょうど、日本全国に新型コロナウィルスの非常事態宣言が出されている間だったので、本業の飲食店もまともに営業出来ず、GWも半分営業自粛のような時期だったので、一刻も早くairbnbのオンライン体験の予約受け入れを開始したかったです。

恐らく、日本全国の、世界中のairbnbの元・体験ホストが同じような気持ちで『オンライン体験』の開始を今か今かと待ち望んでいたと思います。

少しずつですが、リハーサル審査を無事に通過した友人や仲間のオンライン体験がairbnbのWEBサイトに追加されていきます。焦る気持ちが出てきました。

結果的に私のオンライン体験は『千羽鶴を折る』体験一つで、最初の予約受け入れが6月21日でした。約2ヶ月待った形になります。

以降、今日時点(8/5(水))現在までに約1ヶ月半の間に約20件の予約を頂き、合計16件のレビューを残してもらいました。現時点では光栄な事に全ての方から5点満点の評価を頂き、本当に感謝しています。

お客さんの殆どがアメリカ🇺🇸とイギリス🇬🇧からで、ご夫婦やカップルのご参加は想定内なのですが、時々、独身女性の参加や、お母さんが予約しての子供(10歳や8歳の男の子まで!)の参加など、バラエティに富んでいます。工夫して楽しんで折り鶴の作り方を教えています。

まだ1ヶ月半と短い期間ですが、airbnbオンライン体験を通じて、特に世界中を現在も襲っているコロナ禍の下での私たちの生活との関係性の中で、新たな価値を生み出して、前向きで明るい可能性を引き出せないものか、と色々と考えています。

これらの新しい気付きに関しては、順を追って、詳しく書き記していきたいと思います。

取り急ぎ、コロナ禍の下、新しく始まったairbnb(エアー・ビーアンドビー)の『オンライン体験』についての概要を、自分なりに簡単にまとめてみました。